【悪性黒色腫:術後治療(3.5年RFS)】「キイトルーダ」vs「プラセボ」

手術後に「キイトルーダによる約1年の補助療法」を選択することで3.5年後も遠隔転移せずに生活できる可能性、再発せずに生活できる可能性が高まる。

キイトルーダ」治療を受けた人の3.5年後無再発生存率は59.8%(vs 41.4%)であった。PD-L1発現腫瘍の割合が1%以上の人で「キイトルーダ」治療を受けた人の3.5年後無再発生存率は61.4%(vs 44.1%)であった。

【発表】

2021年4月12日

【試験名】

KEYNOTE-054/EORTC1325(Phase 3)〔NCT02362594

【原著】

Lancet Oncol 2021; 22: 643–54 [PMID: 33857412]

【内部リンク】