【非転移性去勢抵抗性前立腺がん:一次治療】「アーリーダ+アンドロゲン除去療法」vs「アンドロゲン除去療法」

転移のない人で、アンドロゲン除去療法中の10ヵ月以内にPSAが倍化した後の治療を考える場合、「アンドロゲン除去療法」に「アーリーダ」の上乗せを選択することで、遠隔転移がなく生活できる期間の延長が期待できる。

アーリーダ」治療を受けた人の10.6%が有害事象のため治療を継続できなかった(vs 7.0%)。「アーリーダ」治療を選択することで、皮疹、甲状腺機能低下症、骨折を経験する可能性が高くなる。試験では23.8%の人が皮疹(vs 5.5%)、8.1%の人が甲状腺機能低下症(vs 2.0%)、11.7%の人が 骨折(vs 6.5%)を経験した。

この結果に基づいて、日本では2018年3月28日、「遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺癌」を効能・効果として承認申請され、翌年3月26日承認され、5月30日より発売された。

【発表】

2018年2月8日

【試験名】

SPARTAN(Phase 3)〔NCT01946204

【原著】

N Engl J Med 2018; 378:1408-1418. [PMID: 29420164]

【内部リンク】

【外部リンク】