【肺がん:二次治療(5年OS)】「オプジーボ」vs「ドセタキセル」

化学療法中または終了後に病勢の進行が認められた人でも、「オプジーボ」治療を選択することで「ドセタキセル」治療を選択した場合を上回る5年生存率が期待できる。

オプジーボ」治療を受けた人で3年後に病勢が進行しなかった人の5年生存率は93.0%であった。「オプジーボ」治療3〜5年間に、25.8%の人が治療関連有害事象を経験した。

【発表】

2021年1月15日

【試験名】

CheckMate 017 (Phase 3)〔NCT01642004〕; CheckMate 057 (Phase 3)〔NCT01673867

【原著】

J Clin Oncol. 2021 Jan 15. [PMID: 33449799]

【内部リンク】